日本癌治療学会 患者さん・ご家族支援に関するプログラムのご案内

TOP > 患者さん・ご家族支援プログラム > 日本癌治療学会 患者さん・ご家族支援に関するプログラムのご案内

日本癌治療学会 患者さん・ご家族支援に関するプログラムのご案内


 

日本癌治療学会では、医療者と患者さん・ご家族が同じ目線で、ともに考え、共働して、最善の医療・ケアが実践されるよう、さらに将来のがん治療をより良いものとするため、患者さん・ご家族の支援に関するさまざまな活動を行っております。

患者さん・ご家族の支援に関する活動を,以下にご紹介いたします。

 

2021年8月25日

一般社団法人日本癌治療学会
社会連携・PAL委員会
委員長  有賀悦子
患者連携・PALプログラムワーキンググループ
委員長  冨田尚裕

 

■ 第59回学術集会PALプログラム開催に関するお知らせ

 2021年10月21日~23日第59回日本癌治療学会学術集会(会長:林 隆一(国立がん研究センター東病院副院長))におきまして、Patient Advocate Leadership (PAL)プログラムは、昨年に続きWeb開催、参加費無料として皆様をお迎えできるよう会長以下鋭意準備中です。
 会場まで出向くことや会場内の移動に自信がなかった方でも、とても参加しやすい構成になっています。パソコンを使ってオンライン参加は初めてという方でも手引きが作成されていますので、一度経験してみて頂くことで、その後の患者会などの活動にきっと活かして頂けると思います。
 学術集会のHP上に準備ができるまで、ここに内容をご紹介していきますので、是非、多くの方にお声がけを頂き、参加登録をご検討いただけましたら幸いです。

社会連携・PAL委員会委員長
有賀悦子

新型コロナウイルス感染が世界中に拡大し、終息の糸口が中々見えない中、がん患者さんおよび支援団体の方々も日々、それぞれのお立場でご尽力されていることと思います。さて、本年の日本癌治療学会につきましては、国内の新型コロナウイルスの感染拡大状況に鑑み、昨年に引き続いて現地開催+Web開催のハイブリッド形式とすることになりました。また、PALプログラムにつきましても、患者さんたちの安全面を考慮して、昨年同様、学会場での参加はなしとしてWeb参加のみといたしました。詳細につきましては、別記、また今後のご案内を良くご参照いただき、揮ってご応募いただきたいと思います。今後の新型コロナウイルス感染状況によって内容の一部修正・変更の可能性はございますが、コロナに負けず、むしろ例年以上に活発・有意義なPALプログラムにしたいと考えております。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

患者連携・PALプログラムワーキンググループ委員長
冨田 尚裕

開催日時:
 2021年10月21日(木)9:30~14:40
        22日(金)8:40~14:30
        23日(土)9:00~13:20
募集期間:
 開始日 8月10日(火)
https://congress.jsco.or.jp/jsco2021/index/page/id/155
終了日 9月3日(金)17:00 募集は終了いたしました。
募集数:
 アドバンスコース50名 ベーシックコース100名
コース:

 

■ 学術集会における患者さん・ご家族の支援に関するプログラムの開催 

  本会学術集会における患者さん・ご家族の支援に関するプログラムについてご案内しています。

 

■ American Society of Clinical Oncology (ASCO)参加助成  

  国内の新型コロナウイルスの感染拡大状況に鑑み、2021年6月4日~8日までに開催されるASCO2021の参加助成を本学会としておこなわないこととなりました。

 

■ 認定がん医療ネットワークナビゲーター制度 (医療従事者向けページへリンク)

  日本のがん医療の発展と進歩を促進し,国民の福祉に貢献することを目的として,認定がん医療ネットワークナビゲーターを育成しています。そのご案内等を掲載しています。