第56回学術集会

■ 日 時 : 2018年10月18日(木)~20日(土)
■ 会 場 : パシフィコ横浜(横浜市)
■ 会 長 : 野々村 祝夫大阪大学大学院医学系研究科泌尿器科・教授) 
■ 日本癌治療学会 患者連携・PALプログラムワーキンググループ
 委員長   冨田 尚裕
 委 員   有賀 悦子 柏葉 匡寛 佐々木 治一郎 谷野 裕一 田畑 務 山田 岳史 山本 幸子
PAL委員   天野 慎介 鈴木 牧子 野田 真由美 古谷 浩 三好 綾 矢後 綾子 山田 富美子  
 顧 問   相羽 惠介
■ 第56回日本癌治療学会学術集会
■ PAL参加者:  87名(患者連携・PALプログラムワーキンググループPAL委員の7名を除く)
■ プログラム
ポスター発表
 全34演題(下記からご覧いただけます。pdfダウンロード)
  優秀ポスター賞,最優秀ポスター賞を選びました。
Meet in PAL
Meet in PAL 1   10/18(木)10:40ー11:30
「就労を含む社会支援」
Meet in PAL 2   10/19(金)9:20ー9:50
「抄録の書き方・ポスターの作り方〜2017年優秀ポスター受賞者から」
PALセミナー
PALセミナー1 10/18(木)12:00ー12:50
臨床研究法とは
PALセミナー2 10/19(金)12:00−12:50
ASCO報告
PALセミナー3 10/20(土)12:00−12:50
社会連携・PAL委員会委員との意見交換会,優秀ポスター賞発表
ラウンドテーブルディスカッション
「模擬倫理委員会」 10/18(木)14:00-15:00,10/19(金)14:00−15:00
 
    ■ 参加者アンケート結果及びポスター演題一覧
      参加者アンケート結果
      ポスター演題一覧

 


その他の学術集会患者・家族支援プログラム詳細ページ