日本のがん専門医の日米協働育成プログラム―ASCO/JSCO fellowship program2018

TOP > お知らせ > 応募・申請等 > 日本のがん専門医の日米協働育成プログラム―ASCO/JSCO fellowship program2018

会員のみなさまへ

がん医療は短期間に驚くほどに高度専門化し,これに関わる医師・研究者には,自らの専門性を高めるとともに,役割を分担して医療チームの一員として機能するための共通知識の習得が求められています。また,がん医療のグローバル化が急速に進み,国際協調なくして日常医療すら成り立たない時代になりつつあります。本制度は,こうした状況に鑑み,ASCOと協働して,短期間の訪米中に著明な米国の専門家を紹介し,継続して助言・指導を受ける機会を提供する,新たな臨床腫瘍医育成プログラムです。

本プログラムは,毎年Chicagoで開催されるASCO学術集会に日本から若手フェローを推薦・派遣し,同学術集会終了後も更に3日〜1週間程度,米国の有名な研究施設・病院をASCOの紹介で訪問し,先方のシニアにホストしてもらいメンター関係を築くものです。帰国後もメンター・フェロー関係を続け, またメンターを本学会学術集会に招待, あるいはフェローによる同窓会的組織の設立なども含め, 継続的かつ濃厚な関係構築を目指します。

2012年よりASCO/JSCOで協議を開始し, 2015年には,日米の5大がんを対象領域としてフェロー5名を選出, はじめて米国へ派遣しました。2016年には, 泌尿器,婦人科, 2017年には, さらに薬理学にも拡大し, 若手研究者を募集しました。2018年派遣では, 上部消化器, 下部消化器, 肝胆膵, 乳腺, 呼吸器, 泌尿器, 婦人科, 薬理学を専門とする40歳以下の研究者最大6名を派遣しますので, みなさまふるってご応募ください。

2017年6月27日

一般社団法人日本癌治療学会
理事長 北川 雄光

第4回ASCO/JSCOフェローシップ・プログラム募集概要・募集告知
【ASCO/JSCOフェローシップ・プログラム2018概要】
1) 派遣先: ASCO2018(シカゴ)および米国内研究施設
2) 期 間: 2018年6月上旬の10日間程度 (ASCO2018会期 6/1~5)
3) 人 数: 最大 6名
4) 特 典: ASCO2018登録料免除,旅費・滞在費・海外旅行保険費等として最大60万円支給。また本学会学術集会での報告の機会を与えられる。
5) 対象領域: 上部消化器, 下部消化器, 肝胆膵, 乳腺, 呼吸器, 泌尿器, 婦人科, 薬理学
【応募資格】
1) 応募時で40歳以下であること。
2) 本学会会員歴が, 本学会事業年度平成28年度からあること。またはそれ以前から会員歴があること。
3) 上部消化器, 下部消化器, 肝胆膵, 乳腺, 呼吸器, 泌尿器, 婦人科, 薬理学のいずれかを専門領域としていること。
4) 英語でのスムースかつ積極的なコミュニケーションが可能なこと (英会話が困難な方は応募不可)。
5) 本学会学術集会において最低1つの筆頭演者としての演題登録があること。
6) 推薦者を有すること。ただし1推薦者につき1名のみの応募を有効とする。
7) 過去に本プログラムでの渡米経験のないこと。
8) ASCO会員であること。または派遣が決定した際に速やかにASCO会員になる意志のあること。
【選考に関して】
1) 応募理由, 業績目録, 推薦者査定表, 本学会およびASCO学術集会への演題登録数などをもとに多角的に審査。
2) 上部消化器, 下部消化器, 肝胆膵, 乳腺, 呼吸器, 泌尿器, 婦人科, 薬理学の各領域から重複し過ぎない派遣を基本原則とする。
3) 同一施設からの派遣は原則1名とするが, 診療科または領域が異なれば, その限りではない。しかしながら, 同一施設からの派遣は, 全派遣人数の半数を超えない範囲とする。
4) 若手研究者育成を目的とする本プログラムの性質上, 35歳以下の研究者を一定枠優先的に選考することがある。
【選考された場合の義務】
1) 選考された場合には必ず渡米すること。
2) 選考された場合には渡米前にASCOの会員となること。 join.asco.org/
3) プログラム終了後, 英文報告書, 経費報告書・領収書を速やかに提出すること。
4) プログラム終了後も継続してメンターとの関係を構築すること。
【応募方法】
 次の5点を申し込み締め切り期日, 8月21日 13:00までに下記宛先まで電子メール送信または郵送のこと。
1) 申請用紙(Application)
2) 和文・英文CV
3) 英文応募理由(A4・1枚)
*興味の対象, 渡米して体験したいことなど具体的な記述を含むこと。
4) 業績目録リスト(英文論文のみ・最新インパクトファクター値も明記のこと)
5) 推薦者査定表(Reference)
*電子メールでご応募の場合, 推薦者直筆サイン入り書類の提出はスキャン・データで問題ありません。
【応募先及びお問い合せ先】
郵送先: 〒104-0033 東京都中央区新川2-13-10新川ビル2F
一般社団法人日本癌治療学会 東京事務所
ASCO/JSCOフェローシップ・プログラム係
電子メール送付先:
電 話: 03-5542-0546
【運営委員】
 日本癌治療学会 国際委員会・編集委員会・教育委員会
【選考日程】
2017年8月21日 13:00 応募締切
2017年9月頃~ 日本国内書類審査
2017年10月頃~ メンター/フェロー・マッチング
2017年12月頃~ 選考結果及びASCO派遣先通知
2018年1月頃~ フェロー自身によるメンター訪問詳細の調整

*選考の日程は変更となる場合もあります。あらかじめご了承ください。


なお,本プログラム2017で米国に派遣されたフェローの報告発表セッションが第55回日本癌治療学会学術集会(2017年10月20日~22日, 横浜)にて行われます。ご興味のある方は是非ご参加ください。

 


添付ファイル