日本癌治療学会共催がん撲滅サミット2016に関するご報告(続報)

TOP > お知らせ > 会告・通知等 > 日本癌治療学会共催がん撲滅サミット2016に関するご報告(続報)

  

日本癌治療学会共催がん撲滅サミット2016に関するご報告(続報)

 

平成28年10月8日


一般社団法人日本癌治療学会
理事長 北川 雄光
 

 すでにお知らせ致しましたように、第54回日本癌治療学会学術集会会期中の平成28年10月 22日に、本学会共催企画として開催が予定されております市民公開講座「がん撲滅サミット2016」の一部「公開セカンドオピニオン」に関しまして、本学会理事会決議を経て主催者側にセッションの中止を求める申し入れを行いました(10月7日付け)。本日、がん撲滅サミット大会長より「公開セカンドオピニオン」を中止する旨の正式な文書を受けました。

 患者様、市民の皆様に科学的根拠に基づくがん治療情報を適正にお届けする使命をもった学術団体として、患者団体の皆様、がん医療従事者の皆様から頂戴したご指摘、ご意見を真摯に受け止めております。

 本学会が共催する市民公開講座開催直前にこのような混乱を招きましたことを国民の皆様、関係するすべての皆様にあらためまして心より深くお詫び申し上げます。また、今後このような事態が発生しないよう共催、後援なども含めて本学会が関与するすべての事業の精査をより厳密に行うこととし、今後も国民の皆様への適正ながん治療情報提供に努めて参りたいと存じます。

以上