アジアにおけるがん治療開発の推進について

TOP > 日本癌治療学会について > 宣言・見解 > アジアにおけるがん治療開発の推進について

 2011年10月27日、第49回日本癌治療学会学術集会第1日に開催された、中国癌治療学会(CSCO)、韓国癌治療学会(KACO)とのビジネスミーティングにおいて、アジアにおけるがん治療開発についての話し合いを行い、下記の声明を出すこととなりました。

平成23年11月12日
一般社団法人日本癌治療学会理事長
第49回学術集会会長
西山 正彦

 

 

声 明

 CSCO, KACOおよび日本癌治療学会は、新たな臨床腫瘍学のアジア協議会の設置について検討を開始するとともに、がんのケアに関わるアジアの学会等の協力と共同研究を推し進めていくことに同意し、準備を開始します。