Q4:がんの治療後ですが、優先してワクチンを接種してもらえますか。

日本癌治療学会,日本癌学会,日本臨床腫瘍学会(3学会合同作成)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とがん診療について Q&A
-患者さんと医療従事者向け ワクチン編 第1版-

Q1:がん患者はワクチンを受けた方がよいのですか。
Q2:がんの治療中ですが接種しても影響はありませんか。
  1.手術
  2.放射線治療
  3.薬物治療
    1)細胞傷害性抗腫瘍薬
    2)分子標的薬
    3)免疫チェックポイント阻害薬
    4)ステロイド、免疫抑制薬など
  4.パフォーマンス・ステータス(PS)不良の場合
Q3:がん治療は一段落し経過観察中です。ワクチン接種の予診表に、がん治療後であることを記載し申告する必要はありますか。
Q4:がんの治療後ですが、優先してワクチンを接種してもらえますか。
Q5:ワクチンの副反応に「接種した側のわきのリンパ節の腫れ」があるといいます。乳がんの術後です。気をつける点を教えてください。 
Q6:COVID-19ワクチンの種類、効果、副反応は
Q7:新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異について

 

Q4:がんの治療後ですが、優先してワクチンを接種してもらえますか。

A:がんの治療後には、治療の時期、現在の状態など幅広い状況が含まれます。優先となるかに関しては主治医の先生に相談して下さい。
解説

米国CDCによると悪性腫瘍を基礎疾患に持つ方は、ワクチン接種対象者としての優先度が高く設定されています1)。我が国の厚生労働省の優先接種の対象に含まれる疾患や病態のひとつとして、免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)をあげています2)。英国保健省もCOVID-19の重症化リスクの高い基礎疾患の優先順位を高くしており、治療中のがん患者を含めています3)。欧州臨床腫瘍学会では、治癒切除後5年未満の患者においても、化学療法中の進行がん患者さんと同様に重症化リスクの高い状態として扱うべきとしています4)
がんの治療後には、治療の時期、現在の状態など幅広い状況が含まれます。わが国において高齢者接種に続いて、基礎疾患のある方の優先接種が開始されます。ワクチン接種の優先となる基礎疾患に該当するか、該当する病状や状況であるかに関しては、主治医の判断、診断によるところが大きいと予想されます。主治医の先生に相談することがよいと考えられます。

1) https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/recommendations.html
2) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html
3) https://www.nhs.uk/conditions/coronavirus-covid-19/coronavirus-vaccination/coronavirus-vaccine/
4) https://www.esmo.org/covid-19-and-cancer/covid-19-vaccination

 

 [ページ上部に戻る]